メタバース「Everdome(エバードーム)」とは?特徴・始め方

メタバースプラットフォームEverdomeとは?始め方・やり方・遊び方

2023年大注目のメタバース空間プラットフォーム「Everdome(エバードーム)」の始め方(準備)をご紹介します。

この記事を読んでわかること
  • Everdome(エバードーム)の概要
  • Everdomeでできること・遊び方
  • Everdomeで稼ぐ収益化方法
  • Everdomeの始め方
kubotatsu

今回40,000$DOMEを購入・ステーキングしたので手順含めてEverdomeについてご紹介します!

40,000$DOMEをステーキングした証拠

everdome-staking-set-6
引用:

この記事の執筆者

運営者-kubotatsu
KuboTatsu

\メタバースプラットフォームを日々勉強しています/

  • THE SANDBOX、EVERDOMEに期待する現職ITコンサルタント
  • EVERDOMEに30万円ステーキング中
  • @meta_shelf

私が使っている仮想通貨取引所

目次

メタバースプラットフォームのEverdomeとは?

metaverse-everdome-official-site
引用:

Everdome(エバードーム)とは、火星を拠点としてイメージしたドーム形状の都市型メタバース空間プラットフォームです。

他のメタバース空間プラットフォームであるTheSandboxやDecentralandと比較すると、現実と仮想世界の差がわからないほどの美しいグラフィックを持つのがEverdomeの特徴です。

Everdomeでは、仮想空間上で現実世界に近い体験・生活をすることができます。

Everdomeの創造する美しいグラフィックはMetaHero(メタヒーロー)WDW(ウォルフデジタルワールド)によって作成が進められています。

EverdomeのイメージがわかるEverdome公式動画

MetaHero(メタヒーロー)がEverdomeの高グラフィックを実現

metahero-ultrahd-scan-filming-scenery
引用:How To Get Scanned By #MetaHero 3D Scanners

MetaHero(メタヒーロー)はウルトラHDスキャンによって、現実世界の物や人をメタバース空間にNFTトークンとして持ち出すプロジェクトです。

MetaHeroのCEOは、EverdomeのCEOでもあるロバート・グリン氏です。
ロバート氏によると、MetaHeroで作成した高グラフィックの3Dアバターを利用できるオープンワールドが存在しなかったため、この高品質なアバターを持ち出せるメタバース空間を作ろう!と作り出したのがEverdomeだそうです。

つまりEverdomeは、MetaHeroで作り出されたトークンが活躍できる場所として、作られたオープンワールドメタバース空間ということになります。

そしてこのMetaHeroのウルトラHDスキャンに対し、技術提供をしているのがWDW(Wolf Digital World)です。

WDW(Wolf Digital World)がMetaHeroの技術基盤を支援

wolf-digital-world-filming-scenery
引用:How To Get Scanned By #MetaHero 3D Scanners

WDW(Wolf Digital World)は、3Dスキャンのリーダー企業として様々なプロジェクトの実績があり、今回MetaHeroやEverdomeの技術の根幹となる技術チームです

2022年3月2日にはソニーとパートナーシップを築き、ソニー最先端のデジタルカメラを数百台提供されています。

3Dスキャンは、最先端デジタルカメラ数百台を利用したドーム形状の機材の中で、多角的に物体・人を撮影しモデリングしていきます。一度の撮影で済むため、今後Everdomeの発展と共に3Dアバターでメタバース空間を過ごす人が増えていくと思います。

Everdomeの口コミ・評判

Everdome(エバードーム)に期待している方々の声をTwitterからまとめました。

Everdomeの遊び方(予想)

Everdomeは2023年以降のリリースを目標としているためEverdome公式のホワイトペーパーをベースにしています。何ができるのか・遊べるのかの参考情報と認識をお願いします。

リアルなアバターでオープンワールド上を生活できる

Everdomeでは自身の外見と同じリアルなアバターを作成して、メタバース空間であるオープンワールドで生活することができます

Everdomeのオープンワールド上では、プライベートを仮想空間で過ごすだけでなく、ビジネス活動もできるようになります。
例えば休日はデートや電話を仮想空間上ででき、仕事ではミーティングやイベントの開催・カンファレンスの実施なども行うことができます。

またリアルなアバターで生活するため、仮想空間上ではタトゥーや変わった髪型など試すこともできます。姿を自由にカスタマイズできるというのは現実世界にはない楽しみ方かと思います。

現実世界でできることは、仮想空間の長所を生かした上でEverdome上でできるようになります

ファッションを楽しむことができる

Everdomeは現実世界と近いファッションの楽しみ方ができると予想されます。

Everdomeはリアルなアバターや、3Dスキャンで作成したNFTトークンが作成できるため、現実世界に近いファッションの着こなしが想像できます。

仮想空間上で試着をしてみて、アバター用に服を購入するだけでなく、現実世界での服を購入する意思決定にも繋がる可能性があります。
欲しい服があったらわざわざ店舗に行かずとも、Everdome上のアバターで試着してみて購入することができるでしょう。

将来的にはEverdomeのアバター用の服と現実世界の服を紐付け、どちらか一方を購入したらNFTトークンも現実世界の服も手に入れられたら面白そうです。

ゲームをプレイすることができる

Everdomeではゲームをプレイすることができます。

ただしまだゲームに関する情報は公開されておらず、公式サイトで「Game」と掲載されているだけです。

しかしメタバースとゲームの親和性は高く、プレイヤーの流入に大きな影響を与えるため、他のオープンワールドであるTheSandbox同様にゲームが配置されることが予想されます。

Everdomeでは広告スペースが配置されるため、企業の広告やブランディング活動が活発になることが予想されます。建築物やオブジェクトに広告スペースが配置されるのではないでしょうか。

Everdomeの世界観は高グラフィックであるため、より鮮明な広告を掲載することができそうです。
またEverdomeでは仮想空間内で商品を販売することができるようになるため、広告からそのまま購入するといった流れができ作られそうです。

土地・不動産の購入をすることができる

EverdomeではLAND(土地)や不動産をNFTとして管理・購入することができます。

Everdomeでは世界観の将来性から、土地も不動産も高騰することが予想されるため、現実世界と同様に不動産投資のようなポートフォリオを作成できることが予想されます。

Everdomeで稼ぐ収益化方法

Everdomeで稼ぐ収益化方法5つ
  • オープンワールドで稼ぐ(予想)
  • NFTの売買で稼ぐ
  • 仮想通貨DOMEの取引益・ステーキングで稼ぐ

Everdomeはオープンワールドで稼ぐ、NFTの売買で稼ぐ仮想通貨DOMEの取引益で稼ぐの3つ方法で稼ぐことができます。

オープンワールドで稼ぐ

Everdomeではオープンワールドで様々な社会活動ができるため、現実世界と同様に商品の売買仕事、ゲームプレイの報酬などで稼ぐことができると予想されます。

ただしEverdomeは2023年以降の公式リリースであるため、オープンワールド上で何ができるのかは不明瞭です。

NFTの売買で稼ぐ

EverdomeのLAND(Everdome上の土地にあたるNFTトークン)が2022年3月31日より販売されます。

Everdomeは高グラフィックのメタバース空間プラットフォームのため、LANDの価値は高騰する可能性を秘めています。

kubotatsu

青汁王子も購入する!と発言していましたね

LANDを低価格で購入し、値上がり後に販売することで収益を稼ぐことが期待できます。

仮想通貨DOMEの取引益・ステーキングで稼ぐ

Everdomeトークンである仮想通貨DOMEの取引益で稼ぐことが期待できます。

Everdomeは開発チームの実績や提携プロジェクトの知名度からも、他メタバース空間プラットフォームと比較してもとても期待されているプロジェクトです。
そのためEverdomeトークンである仮想通貨DOMEも価値向上が期待されます。この仮想通貨DOMEを取引・運用することで収益化が期待できます。

Everdomeの始め方(準備)

Everdomeは2023年以降リリースのため、現在はEverdomeを始める準備しかできません
ただしEverdomeを始めるための準備をしておくことで、リリース後は有利に始められる可能性があるため早めの準備・情報収集をしておきましょう。

仮想通貨DOMEの購入

Everdomeでは仮装通貨DOMEの利用が必須になるので、いつでも仮想通貨DOMEを利用できる状態にしておくことで、Everdomeリリース後にすぐアカウント発行・開始することができます

kubotatsu

現時点でDOMEを購入する必要はありませんが、購入できる状態にしておきましょう

①海外仮想通貨取引所の口座開設でDOMEを購入・管理できる状態を作り、EverdomeでDOMEを出し入れするための②仮想通貨Wallet(MetaMask)の登録③MetaMaskとEverdomeの紐付けを行います。

海外仮想通貨取引所の口座開設

仮想通貨DOMEを取り扱う海外仮想通貨取引所のBybitで口座開設を行います。
Bybitは海外仮想通貨取引所の中でも日本語完全対応使いやすいUI/UXでおすすめの取引所です。

仮想通貨取引所「Bybit」に口座開設する登録手順』はこちら

また海外仮想通貨取引所は日本円の直接入金ができないため、国内仮想通貨取引所とセットで使うのが主流です。
取引するのはBybitで、日本円の入金・Bybitへの送金を目的とした国内仮想通貨取引所選びではGMOコインがおすすめです。

Bybitへの送金用国内取引所なら

仮想通貨Wallet(MetaMask)の登録

仮想通貨の財布にあたる仮想通貨ウォレットを登録していきます。本手順では、THE SANDBOXの標準ウォレットであるMetaMask(メタマスク)を登録・利用していきます。

上記の「MetaMask」ボタンからMetaMaskを登録してください。スマートフォンアプリもあるので、スマートフォンから登録される方は「iPhoneの方はこちら」「Androidの方はこちら」からアプリのダウンロードを開始してください。

MetaMaskの詳しい登録方法は『仮想通貨ウォレット「MetaMask(メタマスク)」の登録・送金方法』を参考に登録してください。

MetaMaskとEverdomeを紐付けます。
MetaMaskは初期状態では仮想通貨DOMEは所持していても表示されません。そのため、MetaMaskにEverdomeのトークン情報をインポートする費用があります。

MetaMaskとEverdomeの連携手順
  1. Everdomeの「Smartcontract address」をコピーする
  2. MetaMaskに「トークンをインポート」する
  3. MetaMask読み込み(セッションが切れる度に実施)

MetaMaskにDOMEが表示されない?Everdomeトークンアドレスのインポート方法』で詳しく解説しています。

Everdome公式Telegramの登録

Everdomeの公式が発信するTelegramのグループに登録します。

EverdomeのTelegramグループ

Everdome公式Twitterアカウントのフォロー

TwitterのEverdome公式アカウントをフォローします。

EverdomeのTwitter
kubotatsu

本ブログ公式アカウント(@meta_shelf)でもメタバース関連のツイートをしています

Everdomeスマホアプリのインストール

Everdomeは仮想通貨DOMEのステーキング情報を確認することができる公式アプリが公開されています。

スマホアプリでできること
  • 仮想通貨$DOMEの保有状況
  • 保有する$DOMEの価値(USD)
  • $DOMEの市場価格
  • ご自身のステーキング状況
  • ご自身のステーキングスコアと全体順位

Everdomeのよくある質問・Q&A

Q1:Everdome公式のDiscordはありますか?

A.Everdomeの公式で運営しているDiscordはありません。

公式でDiscordは運営していないため、TelegramTwitterで最新情報をチェックしましょう。

まとめ:最先端のメタバースEverdomeを始める準備をしよう

Everdomeは2023年以降のリリースを目標としているため、未だどのようなメタバース空間プラットフォームが完成するのかは不明瞭です。

ただプロジェクトを構成するメンバーや技術、構想から大注目のメタバース空間であることは間違いありません。

そのためEverdomeリリース後にスムーズに開始できるように今から準備・情報収集をしてメタバース空間の流行に乗っていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる