THE SANDBOXはどの環境でプレイできる?|スマホ/Mac/Windows

eyecatch-sandbox-device

THE SANDBOX(ザ・サンドボックス)をプレイできる端末機器についてご紹介します。

この記事を読んでわかること
  • THE SANDBOXをプレイできる端末機器
  • THE SANDBOXプレイに必要な推奨スペック

この記事の執筆者

運営者-kubotatsu
KuboTatsu

\メタバースプラットフォームを日々勉強しています/

  • THE SANDBOX、EVERDOMEに期待する現職ITコンサルタント
  • EVERDOMEに30万円ステーキング中
  • @meta_shelf

私が使っている仮想通貨取引所

目次

THE SANDBOX(ザ・サンドボックス)は現状PCでしかプレイできない

THE SANDBOXは、現在PC(Windows/Mac)でのみプレイすることができます

THE SANDBOXの遊び方は主に「ゲームをプレイ」「ゲームを作る」「アセットを作る」の3パターンですが、ゲームをプレイについては2022.2月現在リリース前です。

現在は「ゲームを作る」「アセットを作る」の2パターンのみ遊ぶことができますが、「ゲームを作る」は今はまだMacでプレイすることができません。
ゲームを作るために必要な「Game Maker」というツールがWindows版のみ提供されているため、Macでゲームを作ることはもうしばらくかかりそうです。

THE SANDBOX(ザ・サンドボックス)がプレイできる環境比較

環境ゲームをプレイゲームを作るアセットを作る
Windwos
Mac現状不可
Chrome book不明不可不可
iPhone不可不可不可
Android不可不可不可
2022.2時点のTHE SANDBOXを遊べる環境

THE SANDBOXは、現在PC(Windows/Mac)でのみプレイすることができます

AppleストアやGooglePlayストアでもサンドボックスやSandboxといったゲームが確認できますが、メタバースで流行のNFTゲーム「THE SANDBOX(本記事の対象)」とは違うゲームです。

ただし、iPhoneやAndroidのスマートフォンでもTHE SANDBOXの登録やログインは可能なので、ゲームに登録だけしておきたいという方はぜひ登録してみてください。

ただし、THE SANDBOXを登録するには暗号資産(仮想通貨)取引所の口座解説、仮想通貨ウォレットの登録が必要です。
もしこの2つの手順から知りたい方は『THE SANDBOX(ザ・サンドボックス)の始め方』を参考に進めてみてください。

THE SANDBOX(ザ・サンドボックス)プレイPCの推奨スペック

公式に記載のWindowsのPC推奨スペックをご紹介します。
基本的にはWindowsであれば2021年以降に販売、10万円以上、OSがWindows10のPCであれば間違いありません。

Windowsの推奨スペック

最低限のスペック

  • 64ビットプロセッサーとオペレーティングシステム
  • OS:Windows 7
  • プロセッサー:デュアルコア 2GHz
  • メモリ:4GB RAM
  • グラフィックス:512MB VRAM
  • DirectX:バージョン 11
  • ストレージ:2GBの空き容量

推奨スペック

  • 64ビットプロセッサーとオペレーティングシステム
  • OS:Windows 10
  • プロセッサー:クアッドコア 3GHz
  • メモリ:8 GB RAM
  • グラフィックス:2GB VRAM
  • DirectX:バージョン 11
  • ストレージ:2GBの空き容量

macOSについて記載はありませんが、2021年発売のM1MacBook Air以上であれば間違いありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる